お尻の負担にならない快適な環境を心がける

お尻のブツブツ、ニキビというのはお尻の環境を良好にしてあげると、改善へむかっていきます。逆に劣悪な環境であれば、それだけお尻も汚くなってしまうという事です。

ではお尻に良い環境というのは一体どんなものなのか?今回は、お尻環境を良好にする為のポイントをご紹介していきたいと思います。

お尻環境を良好に!これで対策はバッチリ

下着の素材にこだわる事!

お尻は常に下着が触れている場所なので、下着の素材にはこだわってもらいたいのです。お尻が蒸れやすいのは、下着の素材が悪いからという問題があります。高温多湿の状態が続けば、それだけお尻の環境は悪くなっていきます。アクネ菌が毛穴で繁殖をして、ニキビが出来やすくなります。

下着は化学繊維(ポリエステル、ナイロン、アクリル)などはあまりお勧めできません。天然素材で出来ているものがいいでしょう。下着に「綿(コットン)100%」や「絹(シルク)100%」と書いてあるものがお勧めです。

座る時間を短くする!

お尻を付けて座る時間が長いと、上半身の体重が全てお尻にかかってきます。足の付け根にあるリンパも圧迫されるので、血液とリンパの流れが悪くなってしまいます。こうなると、お尻はとても悪い環境に置かれてしまいますので、長時間座るというのはあまり良くないのです。

しかしどうしても長い時間座らなければいけないという場合には、こまめに立ち上がってお尻を軽く動かしてあげると良いでしょう。ちょっとでも動かしてあげれば、圧迫から解放されますので、うっ血しないように予防ができます。

自転車やバイクはあまり乗らない!

お尻にニキビが出来ている時、ブツブツしていると分かる時は、自転車やバイクに乗るのは控えるといいでしょう。どうしても乗らなければいけないのであれば、お尻に保湿クリームを塗るなどして、ケアを行ってから乗りましょう。

お尻のマッサージも有効手段!

お尻はマッサージをする場所というイメージがないですが、マッサージをしてあげるのがお勧めです。血行を促進させることが出来るので、新陳代謝を活性化させて、お尻環境が良好になります。

お風呂に入った時などに、軽くお尻を揉み解してあげるだけでOK!とっても簡単なのでやってみましょう。