処理を忘れがち!お尻のムダ毛のセルフケアの方法

お尻は自分で見る事が難しい場所ですが、よく見てみるとムダ毛が生えていることがあります。ケアをし忘れる部位なので、ムダ毛に気が付いて焦ってしまう女性は少なくありません。

では自分で出来るお尻のムダ毛処理の方法を、こちらでご紹介したいと思います!

セルフケアでお尻のムダ毛処理!

カミソリ&シェーバー

お尻は見えにくいですし、手が届きにくいのでカミソリを使うのが怖い!という方も多いでしょう。

ちょっと恥ずかしいポーズになりますが、M字開脚をして鏡を見ると気になるムダ毛を簡単に処理することができます!ただ、カミソリやシェーバーで皮膚を傷つけないように気を付けてください!

毛抜き

太くて濃いムダ毛であれば、鏡を見ながら毛抜きで抜いてしまってもいいでしょう。産毛程度のムダ毛は毛抜きでは難しいですが、数本の太いムダ毛であれば毛抜きで処理をしてもOKです。

脱毛、除毛クリーム

足や腕などに使う脱毛、除毛クリームを使ってお尻のムダ毛を処理してもいいでしょう。見えにくい場所ですが、クリームを塗るだけなので簡単に処理をすることができます。皮膚が弱い人は、アレルギー反応を起こす可能性もありますので、パッチテストを必ず行いましょう。

脱毛テープ

脱毛テープをお尻に貼って、一気に剥がすだけでムダ毛の処理ができます。お尻は見えにくい場所ですが、テープを貼るだけならとても簡単に処理することができます。1人でも出来るのでやってみてもいいでしょう!毛抜きよりも手軽ですし、早く処理ができます。

家庭用脱毛器

家庭用の脱毛器を使って、お尻の脱毛を処理することもできます。ただ、1人でしっかりと処理が出来るかと言ったら、やはり見えない部分が出てくることもあるので、完璧には出来ない可能性もあります。

それでも好きなタイミングで、自宅で脱毛ができるので忙しい人には合っている処理方法かと思います。

セルフケアで気を付けること

カミソリの注意点!

カミソリを使う時には、皮膚を傷つけないようにしてください。しっかりとお尻の皮膚を保湿して、カミソリの刺激から皮膚を守ってください。

保湿ケアが出来ていないと、カミソリの刺激から、お尻の皮膚がダメージを負います。すると皮膚は乾燥をしていくので、お尻のブツブツの原因になります。

毛抜きの注意点!

毛抜きで皮膚を傷つける事がありますので、ムダ毛だけを掴んで丁寧に優しく抜くようにしてください。やはり皮膚が傷ついてしまうと、お尻のブツブツの原因になりますので注意をしてください。

脱毛、除毛クリームの注意点!

クリームは簡単に使えるのですが、皮膚に刺激を与える成分が入っているものがあります。塗布した時に、ピリピリしたり赤くなったり、痛みが出てくる場合にはすぐに使用を中断しましょう。

使い続けると、皮膚が炎症を起こしてしまいます。お尻の黒ずみの原因になるので気を付けてください。