正しい運動をしてお尻のブツブツを改善していく方法!

お尻がブツブツしている、ニキビを治さなければ!そう思ったなら、運動を取りいれてみてはいかがでしょうか?運動不足、間違った運動をしていると、お尻のニキビは悪化していきます。

いつまでもブツブツ、ザラザラが直らないのは、運動が原因になっている可能性があります!

では具体的に、どういった運動をすればいいのか?そして運動がお尻のニキビに対して、どういった効果を発揮するのか?チェックしていきましょう。

運動がおよぼすお尻の皮膚への影響

血行促進でターンオーバーの活性化!

運動をすると、血液がスムーズに流れるようになります。血液はたくさんの栄養素を体の様々な部位に運ぶ役目を持っています。肌のターンオーバーも栄養が不足していたら、正常に行えなくなります。ですから、血行が促進されればターンオーバーも活性化されるのです。

ターンオーバーが活性化されれば、肌の古い角質を剥がして、新しく生まれ変わらせることができます。ですから、お尻のブツブツやザラザラなどもしっかりと改善されていくようになります。

お尻は特に、長時間座っている事が多いと、血行が滞ってしまいやすい場所です。ですから運動をして、血行を促進してあげることがとても重要になってくるのです。自分は長い時間座っている事があるという人は、運動がとってもお勧めです。

老廃物を体の外へ排出させることができる!

運動不足になると、体の巡りが悪くなりますので、体内に老廃物が蓄積されていきます。老廃物が残っていると、肌に悪影響が及びますので、お尻ニキビの原因になってしまいます。代謝が悪くなっているということなので、ターンオーバーも正常にできなくなります。

老廃物をスムーズに体外に排出できれば、肌も健やかな状態をキープできるようになります。お尻のブツブツなどには、こういった老廃物の排出も重要なポイントになってくるのです。

質の良い睡眠が得られるようになる

運動をすると体が疲れますので、とても寝つきが良くなります。すると熟睡が出来るようになるので、質の良い睡眠が取れるようになります。質の良い睡眠が取れれば、肌のターンオーバーも正常に行われるようになりますので、お尻ニキビも改善できるのです。

ストレス発散でホルモンバランスを整える

男性ホルモンが優位になると、皮脂の量がとても多くなってしまい、お尻ニキビができやすくなります。

運動をしてストレスを発散することで、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整える事ができます。運動は自分が「気持ちよかった!」と感じなくても、ストレスの発散に繋がっています。

お尻のブツブツを改善する運動方法!!

激しい運動をすると、体の中に活性酸素が増えてしまいますので、悪影響が及びます。ですから、適度な運動をするのがポイントになります!では、適度というのはどういったものなのか?おすすめの運動をご紹介しましょう。

ウォーキング

毎日じゃなくて、2日に1回程度でも構いません。30分から1時間くらいウォーキングをするのがお勧めです。歩く速さは、会話をしても苦しくない程度のもので結構です。継続することが重要です。

ジョギング

こちらも毎日じゃなくて、気が向いた時でもOK!20分から1時間くらいジョギングをしてみてください。ウォーキングよりも負荷がかかるので、体調が良い時に行いましょう。

筋トレ

腕立て伏せ、腹筋など簡単に1人でできる筋トレでOK です!毎日少しずつでもいいので、続けていくことで、血行が促進されますし老廃物が排出されやすくなります。筋肉がつくと、基礎代謝もアップするので代謝機能が高まります。

ストレッチ

血行を促進するには、毎日のストレッチもお勧めです。簡単にできるものでいいので、お風呂上りなどにストレッチをしてみましょう。関節が柔らかくなって、代謝機能がアップします。